Learning is fun!

英語上達完全マップに沿ってコツコツと英語の勉強をしています。楽しいです。(TOEIC 930 / 英検1級 取得)

#0064 英語学習の最大のコツは、、、「毎日やること」

#0064 英語学習の最大のコツは、、、「毎日やること」

 

f:id:zendama:20180525220150j:plain

時々、どうしたらTOEICの点数があがりますか?と、訊かれることがあります。
会社で設定された点数を取れないと、昇格試験が受けられないという会社もあるそうです。

いつも同じ答えです。
「10分でもいいから、毎日やること。」
そう答えても、「あー、そうなんですか!」と毎日やる人はほとんどいません。。。
頭がいいとか悪いとかの違いではなく、やるか、やらないか、だけが違いを作るんですね。

効率や勉強法、またどんな教材を使うかは、毎日勉強する習慣ができてからでも遅くないと思っています。

習慣になってしまうと、勉強しない方が変な感じがする。
ここ数年、大晦日もお正月も、全然英語をやらないってことはないです。
Kindleで洋書を読んだり、ボキャビルを10分だけとか、何かやっています。

夫と子どもは、内心あきれているかも。。。

#0063 【聴き読みインプット-003】英語で楽しむ赤毛のアン

#0063 【聴き読みインプット-003】英語で楽しむ赤毛のアン


英語で楽しむ赤毛のアン

 

松本侑子さんの詳しい解説や、たくさんのお写真も興味深く拝見しました。

原書から77場面が対訳で収められています。
CDもついているので、聴き読みしました。

前に原書も一通り読みましたが、また違った楽しみ方ができました。
アンが文法を間違って話してるところなんかもあり、より深く理解できたような気がします。

CDのナレーターさんはカナダ人のキャロリン・ミラーさんです。

外国人声優|キャロリン ミラーCarolyn Miller

キャロリン・ミラー - Wikipedia

yuko-matsumoto.cocolog-nifty.com

 

 

2年ほど前に読んだ原作の方は、
マリラとマシューの静かな愛情、そしてそれに感謝し、期待に応え、彼らの誇りとなるよう一生懸命頑張るアンを描いた後半が特に印象的でした。

 

赤毛のアンには、ドラマバージョンのCDがあって、アマゾンでも高評価。


私も購入しましたが、評判通りの素晴らしい作品でした。
声優さん達の声がが原作のイメージにとっても合っているし、臨場感たっぷりに演じられている。
コンパクトにまとめられてはいるけれど、原作にも忠実だと思いました。
CD3枚、全編通してとても楽しめる作品です。
ちょっと遠出する時も、この音声があると道中まったく退屈せずに目的地に到着することができます。

いろんなバージョンで何度も何度も楽しめる「赤毛のアン」、名作ですね。

ところで、、、

アンは、赤毛に相当なコンプレックスを持っていたし、また周りの人も「赤毛」に対して、あまりいいイメージはないようだった。
でも、現在では、赤毛が流行っていて人気みたいです。

www.totalbeauty.com


赤と言っても、色味はイロイロあるようですが、、、
アンが知ったら、どう思うでしょうか??

*2018年04月の聴き読みインプットは3冊でした*

#0062 【聴き読みインプット-002】日本人が使えない 英語の重要フレーズ125

#0062 【聴き読みインプット-002】日本人が使えない 英語の重要フレーズ125

日本人が使えない 英語の重要フレーズ125

 

いろんな表現を詳しく解説していて、
それぞれネガティブ・ポジティブ・ニュートラルと区分している。

イディオムの本は大好きで、何冊読んでも勉強になります♪

会話形式の例文もありました。

#0061 【聴き読みインプット-001】Hopes, love and dreams in New York

#0061 【聴き読みインプット-001】Hopes, love and dreams in New York (NHK CD Book―NHKラジオ英会話ストーリーブック)

先月の聴き読みインプットの記録です。

昔、まだ独身だったころに聞いていたNHKラジオ講座です。
ある方のブログで拝見して、懐かしくなり、図書館で借りてきました。

話の内容は、本当にボンヤリとしか覚えてませんでしたが、テーマ曲はハッキリ覚えていました。
今、読んでもなかなか面白かったですが、
もし、現代を舞台にするなら、また違った家族の問題になるんだろうなと思いました。

数年間真剣に英語のやり直しをして、音声を聞きながら読むと、最近覚えた表現や単語がたくさん出てきているのがわかった。
当時は(20年くらい前??)、
ラジオの音声を1度聞き、
テキストで英文と日本語訳を読み、
大杉先生の解説をを聞いて、
わかったつもりでいたんでしょうが、今の理解力の10%くらいだったかも。
上っ面だけ見てそれ以上は何も考えることはなく。

今では、イディオムなども深く意味がわかり、決まり文句もたくさん覚えて、構文も早く見抜けるので、
英文を見てから、頭の中で何かを感じる速度と深さが全然違うと思います。

ところで、
そもそも、ナオコは何故ベイゼルと結婚したんでしょうか?
疑問もわき出ましたが、楽しむことができて嬉しかったです。
(これを聞いてる1週間は、昼休みが来るのがさらに楽しみでした。)

もっとこんな教材が増えるといいのになーと思いました。

#0060 私のリスニングの弱点、、、それは「歌」でした!

#0060 私のリスニングの弱点、、、それは「歌」でした!

 

リスニングに、特に自信があるわけではないのですが、スピーキングに比べればマシかな??
けれど、1年ほど前まで全然聞き取れなかったものがあります。

それは「歌の歌詞」です。

We are the world があんな簡単な英語だったとは。。。衝撃でした!

どんな教材より聞き取れていませんでした。
1年くらい前にそれに気づき、Youtubeで歌詞つきの動画を検索して、たくさん見ました。
知らない単語って、めったに出てこないのに、音が連結してるので、本当に聞き取れてなかった、、、

英語耳にも洋楽を使った勉強をがありますね。
私も数曲やってみました。

歌詞ってパターンがあるし、よく使われるフレーズがあるということが理解できて、
随分聞き取れるようになりました。
わからなかったら、すぐ歌詞を見て、音のパターンとしてストックするという感じで続けています。

が、やはり苦手です。。。
中高生の時に洋楽をよく聞いていた夫の方が聞き取れているかも。。。

音楽は聞いてるだけで楽しい気分になるし、好きな歌の歌詞をじっくり理解することができて、一石二鳥ですよね♪

今はミュージカルのCDなどを聞きながら、歌詞を読んでいます。
そういえば、高校生の頃、ミュージカルのCDで英語をマスターしたという人の話を聞いたことがあったような、、、
「そんなの嘘だーー」とあっさり聞き流しましたが、今、同じことをしているとは。。。
その時にやってみればよかったのにね、、、

 

#0059 「長期記憶」が重要だそうです

#0059 「長期記憶」が重要だそうです

記憶に関する記事を書いたので、引き続き思うことをまとめてみます。

最近では脳に関する研究も進み、新しい勉強法もたくさん紹介されています。

その中で、こちらのページの勉強法が非常に参考になったので、ご紹介させていただきます。
中学生・高校生向けの塾のサイトですが、大人の勉強にも活用・応用できる部分は多いと思います。

 

www.souken-j.com

英語の取り組みに関するコツは色々あると思いますが、
私は
「日数をかけること」
「完全に忘れる前に復習すること」
「覚えたと思ったものも繰り返すこと」
の3つをを意識しています。

音読パッケージは、3週間くらいで1分のスキットを終わるように設定していますし、
構文540は5つに区切って繰り返しています。

今まで、いろんな教材をやりましたが、
音読パッケージ用のまるごとラジオ英会話と、瞬間英作文用の構文540の2冊は、何度も何度も繰り返しています。
覚えるとか覚えないとかを意識せず、淡々と繰り返して、脳みそに浸透する過程を楽しんでいます。そうすることで、今までやった教材では得られなかった効果・変化もありました。

このまま、音読パッケージは100回、構文540は15周を目標に頑張りたい!!!

そうそう、睡眠の前には暗記タイプの勉強をするのが効果的だそうです。
(私はいつも寝る前は、構文540をやっています。)

 

#0058 忘れることは当たり前!

#0058 忘れることは当たり前!

英語のやり直しを始めたころ、自分の記憶力が信じられないほど低下しているのに気がついた。
どちらかというと記憶力には自信があり、暗記モノは得意だったのに。。。

ちょうど、ドラマCastleに出てきた単語を覚えていたんだと思うのですが、
shackleという単語を3日連続で調べていたことに気付いたときには、
英語の勉強どころではなく、私の脳内で何か重大なことが起きているのでは、、、と心配になりました。

そんなことを何回も続けていると、2・3ヶ月で単語の定着も随分よくなり、
何とか続けていけるかな?という感じで、現在に至ります。
忘れることは当たり前と割り切ったことで、一喜一憂せず勉強を続けていくことができているのかもしれません。

また、どこかで読んだのですが、「勉強して忘れること」と「やらなかったこと」は全く違うということを知りました。
その一言に励まされ、忘れることを怖がらず、毎日の勉強を続けています。
今日やっていることを、たとえ全部(!)忘れてしまっても、「ゼロ」とは全然違うんだ!と思うことができるので。

毎日の勉強が習慣になり、同じ作業を繰り返すことで、
脳みそも徐々に協力的になり、勉強したことが頭に残りやすくなって、
後日その情報を取り出す作業もスムーズになったようです。
最近では、その情報を、自分で書いたり、話したりするときにも使えるようになりつつあります。
何事も「慣れが大事」ですねー。

また、いろんな方が紹介されていますが、
1冊の本を、セグメントに分け、まだ記憶が残っているうちに繰り返すのは、とってもいい勉強法だと実感しています。

脳や記憶に関しての本は、興味深いですね。