Learning is fun!

英語上達完全マップに沿ってコツコツと英語の勉強をしています。楽しいです。(TOEIC 930 / 英検1級 取得)

#0008 TOEIC800から900を目指す ■音読パッケージ編■ もっともっと英語力がアップする音読パッケージトレーニング 上級レベル

# 0008 TOEIC800から900を目指す ■音読パッケージ編■

英語のやり直しを始めるまで、音読はほとんどやったことありませんでした。
発音記号もあやふやで。。。

なので、音読パッケージを一番の課題として位置付けました。

取り組んだ教材は、
『もっともっと英語力がアップする音読パッケージトレーニング 上級レベル』です。

 

この本は、英検準1級のリスニングを素材として利用しています。
が、2018年現在その使用期限が満了したとかで、本自体は絶版となっています。
詳しくはこちらをご覧ください。
『音読パッケージトレーニング』2点の品切れにつきまして|トピックス|ベレ出版


内容としては、AMAZONのレビューにもありますが、非常に難しかったです。
文章の内容も、英検のリスニングだけに、大して面白くもありません。
が、当時、自分で音パの素材を作る方法も知らなかったので、これを選びました。
さらに自分はヘンテコリンなカタカナ発音だったため、最初は四苦八苦、、、
また知らない単語も1ページに2.3個あり、私の英語も大したことないなーと苦笑いでした。
(準1は20年ほど前に合格してました。)
ボリュームたっぷりですので、本の半分をきちんとやることを目標としました。

簡単に言えば、LISTEN & REPEAT (リッスン&リピート)がメインです。
最近はシャドーイングが効果的な方法として注目を集めていますが、私は苦手です。
難しいので続かない。。。無理してシャドーイングやテキストなしのリピーティングで挫折するより、確実にテキストを見てリピーティングできるようにしました。

そんな私には、音読パッケージがとっても合っていました。
1日の回数を決めて、リッスン&リピートするだけ。
音読もはさみながら、回数をこなしました。

けれど、今思うと、この頃はイヤイヤやっていました。
内容が面白くなく(真面目な内容なので笑えるところがない)うんざりしていましたが、
Sになりきって半分やりきろう!!!とやや悲壮感を持って練習していました。


ちなみに、これからスタートする人が多いようです。

みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK)
by カエレバ

 

大変有益な勉強法を体系化された森沢先生を心から尊敬申し上げていますが、
瞬間英作文の書籍の完成度(ただし、私の持っている版は「???」という文もあります。)と比べると、
音読パッケージの書籍はもっと選択肢があったらな、、と思います。

ただし、今は、音読パッケージのマテリアルは簡単に自分で作ることができます。

InsPause
リピーティング用音声作成ソフト『InsPause』
こんな便利なものを使わせていただいて、本当に感謝しています。

効果はあった!

2ヶ月くらい音読パッケージをやったあと、英語の音の聞こえ方が変わってきました。
それまで、Oneは「ワン」と聞こえてましたが、
突然「ワンヌ」と聞こえるようになりました。
実は、発音本英語のリスニングは発音力で決まる!を読んで、
読者の方が同じ体験をした!と本で紹介されていたのですが、
それを読んだときは、「そんなことあり得るかな??」と懐疑的でした。
私は音読パッケージを経て、本当にそのように聞こえて、
初めて「ワンヌ」と聞こえたその瞬間、飛び上がりそうになりました。

完全マップでも言われていますが、
聴きっぱなしでも効果が得られるのは、超初心者か上級者だけだそうです。
たいていの人は、同じものを何度も何度も脳みそにしみ込ませるように聞いた方が効果があると思います。(精聴と呼ばれていますね。)

音読パッケージの最大の難点は、「時間がかかる」ことです。
ですが、やはり効果があるので、
時間がない人こそ、音読パッケージ(リッスン&リピート)を学習に取り入れていただきたいです。

関連記事:
#0009 TOEIC800から900を目指す ■第一期 音読パッケージにかけた時間は約73時間■ - Learning is fun!

TOEIC900を取得して、一旦止めてしまった音読パッケージですが、
2017年から再開し、ある本を100回読む!と決めました。
1年で半分終えることができました。今年(2018年)も頑張ります。

現在は、InsPauseとAudacityを使い、楽しく快適に音読パッケージをやっています。(第2期音読パッケージについては、また別記事でご紹介したいです。)